日本の不動産業界について思うこと

国内の不動産業界とか不動産屋と聞いてどういうイメージがありますか?
と聞かれたら、私は閉鎖的で胡散臭い人が多いと回答すると思います。

もちろん真面目に商売をやっている人もいますし、顧客第一で仕事をしている人もいます。
(不動産業界で真面目に仕事している人はすみません)

おそらく日本人の多くは私のようなイメージを持っている人が少なからず存在すると思います。
事実、私の友人にも不動産というと騙されないか、損しないか考えてしまうという人がいます。

買う側の情報が限られている

なぜ、あまり良いイメージがないかというと閉鎖的だからだと思います。
言い換えれば売る側と買う側の情報量に差があり、買う側の情報が限らていることだと思います。

いわゆる情報量の格差です。

売り手側はやはり情報を持っていると思いますし、仲介に入る宅建業者と一般人では情報量も知識量も差は歴然です。

特に売り手=宅建業者の場合は、大人と子供くらい知識の差があると思います。

そんな中で詐欺まがいの事件が起きてしまうのだと思います。

そして、宅建業者の中にはとにかく儲け第一の人も少なからずいると思います。
そういう人を否定する気はありませんが、そのような宅建業者にあたってしまった場合、素人は損する確率が高いと思います。

客観的な物件情報が簡単に取れない

アメリカの例を出しますがアメリカにはzillowという不動産サイトがあり、買い手が知りたい情報も惜しみなく掲載されております。

築年数はもちろん、過去の売買歴、近隣との相場、想定されるランニングコストまで掲載されています。

一方、国内不動産はなかなか詳しい情報が得られません。
不動産屋のマイソクも適当なところがあることは否めませんし、売買履歴についてはわざわざ法務局に行き謄本を取らなければ正確な情報が得られません。

ランニングコストや利回り販売する側がいくらでも操作できてしまうのが実情です。
(買い手をその気にさせてしまう精巧なものも多いと思います)

なので不動産屋の情報を鵜吞みにして物件を買った結果、思うように利益が出なかったというパターンも多いと思います。

不動産屋は騙したつもりはなくでも買い手からしたらやられた感はあると思います。

このようなところも不動産業界のイメージダウンにつながっている理由かもしれません。

不動産関係の悪いニュース

不動産関係のニュースもイメージを悪くしていると思います。

例えばかぼちゃの馬車に地面師。
最近ニュースになった話題だと思います。

そしてこれら騙した側ですが逮捕されないこともあります。

ある意味、罰則も厳しくないのでやったもの勝ちの世界なのかもしれません。

また先ほど述べた情報量の差もあることから、素人は気を付けないと簡単に騙されてしまう世界だと思います。

以上より、国内不動産投資というのは投資のスキルや知識以前に人間が絡む難しさがあると思います。

もちろん、冒頭でも述べましたが真面目な人がいるのも事実です。

なのでイメージがよくない国内不動産の世界でうまくいくためには物件の立地とか利回りよりも誰から買うのかが大事なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました