TOEICで600点以上取る勉強法

TOEICと言えば新入社員の時、研修の一環で受けさせられ、300点以下を取った思い出があります。300点以下というのはコミュニケーションどころか英語が全くできないレベルです。
それ以来TOEICに対し、苦手意識を持っていました。
しかし、数年前ですが数ケ月だけ勉強した後、受験したら700点取ることができました。その時の勉強方法について書いてみたいと思います。

やることは単語力強化と慣れ

TOEICで必要なのは単語力と慣れです。
使う教材はTOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)と公式問題集。公式問題集は現在の最新版である公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6が良いと思います。
スコアを取ることを第一の目的にするならばこの2冊で十分だと思います。

単語力の強化

まずは単語力ですが、これが無ければTOEICの問題は解けません。
そこで使う単語帳がTOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)となります。

この単語帳が特に素晴らしい点は2つ。
1つ目はTOEICに出る単語だけを1000語が厳選しているところです。
この1000語を覚えればTOEICの単語でひっかかることはほとんどなくなると思います。
またこの単語帳にはTOEICに関するコラムや出そうな職業名や会社の部署名等も収録されていて読んでいても面白いです。

2つ目は音声が無料でダウンロードできるところです。
スマホやパソコンにダウンロードして使うことができます。

そして単語の覚え方ですが、音声を聞きながら自分で声に出してひたすら音読します。
1日目は1語目から200語まで、2日目は100語から300語まで、3日目は200語目から400語まで・・・・
1000語目まで行ったらまた1語目から繰り返す。
これをひたすら念仏のように繰り返します。

ここで注意ですが、音読の際は無理に単語を覚えようとする必要はありません。
というか、無理に覚えようとするとストレスになるので覚えられないのは気にしなくて良いと思います。
大事なのは毎日続けることです。
おそらく1ケ月くらいこのような音読を続けていれば、不思議なことに自然と単語が頭に定着してくると思います。
もう一度書きますが、ここでは毎日念仏のような音読を繰り返すことが重要です。

TOEICの試験に慣れる

TOEICの試験は英検とは違った癖があります。
試験を受けるにはその癖に慣れる必要があります。
そこで使うのが公式問題集です。
いきなり、初心者が公式問題集に取り掛かると難しく感じると思うので単語の勉強を始めた1ケ月くらい後から始めるのが良いと思います。
単語がある程度定着してから解けばストレスなく問題を解くことができると思います。

公式問題集の難点は価格が高いことですが、TOEICでスコアを取るには公式問題集は避けて通れないと思います。
特にリスニングについては、実際の試験と同じナレーターの音声なので多少高くても公式問題集を使用しない手はありません。

買うのは最新版1冊で十分だと思います。1冊には2回分の模擬試験が入っています。

使い方はまず問題を解いてみます。いきなり1回分の模擬試験を解くのは忙しい方は時間的にも難しいと思うので、今日は10問だけと言った形でも良いと思います。
そんな流れで全問解いてみます。

そして解き終わった後が重要です。
まずわからない単語はすべてチェック。
そして、間違えた箇所の確認と音読です。
ここでも音読は重要です。
特にリスニングに関しては1問につき10回くらい音読すると良いと思います。

公式問題集については1冊マスターするつもりで勉強してみてください。
おそらく3ケ月あれば600点は余裕で超えると思います。
私の場合は2ケ月で700点取れました。

800点以上も行けると思います

私はまだ800点は取ったことないので断言はできませんが、この勉強法を続ければおそらく800点以上も夢ではないと思います。
実際に公式問題集だけで800点取った人もいますし、中には900点近く取ったなんて話も耳にします。
おそらくもっとも難しいのは勉強を続けること。

半年間続ける気力があれば、800点超えも行けるのではないかと思っています。
問題集や単語帳もあれこれ手を出すのではなく、先ほど紹介した2冊を徹底的にやり込む方が効果も高く、勉強にかけるお金も抑えられると思います。

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました