TOEIC700点について

先日のTOEICの勉強方法の記事で700点取ったことを書きましたが、700点では英語は大して話せません。

一般的にTOEICと言えばリスニングとリーディングでスコアを測る試験です。
スピーキングとライティングの試験もありますが、まだ一般的ではなく、受験している人も多くは無い印象があります。
なのでTOEICでスコアが○○点と言った場合、リスニング&リーディングの事を指しているのがほとんどだと思います。

しかし英語はリスニングとリーディングの力があってもスピーキングは練習しないと話せません。
なのでTOEICの勉強だけでは英語は話せないと思います。
700点というと平均以上に話せそうな感じがしますが、片言の英語と言ったところでしょう。

国内の証明にはTOEICは有効

日本で英語と言えばTOEICか英検だと思います。
特に就職や昇進では英検よりTOEICの方が評価される傾向があるように思えます。

サラリーマンの世界では英語が話せる話せない以前に、ある程度のスコアを持っていれば評価されてしまいます。

そういう意味では英語が話せるようになるのは二の次で、とりあえず就職や昇進をターゲットとした場合はTOEICに集中して勉強するのは有効だと思います。
しかし、話せるようになるにはTOEICだけでは役不足のような気がします。

使える英語なら英検の方が良いかも

英語を話すには読む、書く、聞く、話すの4つの力をバランスよく勉強する必要があると思います。
なので、使える英語を目指すならば英検の方が良いかもしれません。
英検は面接も有りますし、最近の英検2級の試験はライティングあるようです。

そして英検準1級ですが、巷ではTOEICでは730点くらいのレベルと言われています。
しかし英検準1級の問題を見てみたのですが、単語もTOEICより難しいですし、当然ライティングも有ります。文章の難易度もTOEICの比ではありませんでした。
そして2次試験の面接もあります。
自分から英語で発する力が無くては面接は通りません。

なのでTOEICで730点取ったくらいでは英検準1級は通らないと思いました。
英検準1級に合格するには読む、書く、聞く、話すの4つの力をバランスよく身に着け、それなりの勉強時間も確保する必要があると思います。

最近は英検は下火で、TOEICが過大評価されているような気がしますが、使える英語を目指すならば英検の勉強は悪くはないと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました