TOEICが受けられない

コロナウイルス蔓延のおかげでTOEICが定員制を導入したようです。
私も久々に受けてみようと思ったところですが、9月の試験は私が申し込みをしようとしたときは定員に達していたため締め切られていました。

特に首都圏の試験会場は申込み開始と共にすぐに定員になってしまったようで酷かったようです。
やっとの思いで申込み画面にたどり着いたのに締め切られていたなんて人もいたようです。
久々の試験ということもあり申込み者が殺到したこともあるのでしょう。

これまではTOEICはいつでも受けられる英語の試験と思っていましたが、コロナウイルスの影響はこんなところにも波及したかと言った気持ちです。

次に私が住んでいる地域で受けられるのは11月です。
時間が十分あると思う反面、今から勉強してもモチベーションがそれまで続くかと言ったところです。

次回も殺到するのか?

今回の申込み状況から11月の試験の申込も殺到しそうな予感です。
まさに試験を受けるにはクリック合戦を勝ち抜かなくてはならないのです。

昨今のマラソンブームのように先着申込みのマラソン大会をインターネットからエントリーしようとしたが繋がらない状態に似ています。
TOEICもこのような状況が続くならば近い将来、東京マラソンのように抽選が導入されるのかもしれませんね。

そもそも、コロナ感染者数が再び増えてきたので、11月の試験も開催されるか疑問が残ります。再度、緊急事態宣言でも出ようものならば中止は避けられないと思います。

そうなると次はいつ受験できるのか。。。しばらくはTOEICを受けられないTOEIC難民が増えるのかもしれません。

就活を控えた学生は大変

私の就活の時と時代は違うので何とも言えませんが、最近の就活ではTOEICのスコアが求められるのかTOEICに力を入れている学生が多いような気がします。ちなみに私の就活時代はTOEICより英検の方が主流だったと思います。

なので、受験することすら難しいTOEICですが、学生優先に受験させる等の措置を講じても良いのかもしれません。
また、以前のように気軽に受けられる試験ではなくなってきているので、1回1回の試験の機会を大切にして受けることが必要だと思います。
英語力以外に集中力や勝負強さも必要となるでしょう。
そう思うと、このタイミングで就活を迎える学生は大変だなあと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました