子供の教育資金について

三大出費の一つと言われる教育費、子供のいる方は悩ましいと思います。
教育にはお金がかかります。

今の時代学歴は関係なく、いい大学行けば安泰と言うわけではありません。
しかし親心から子供の希望通りの学校に進学させてあげたいと思うものです。

そんな中多くの親は教育資金をどう確保するか考えていると思います。
積立預金、学資保険、投資等ありますが正直どれがいいのか悩ましいと思います。

私の場合は投資信託の積立

私もいろいろ悩みましたが、子供用の証券口座を作り投資信託の積立をしています。
もちろん積立てるのは米国を中心とした先進国株式のインデックスファンドです。

積立貯金では金利はほぼゼロなので貯められる額に限りがあります。
それに学費も年々上がり傾向です。
国立大学の学費ですら私が学生だった時に比べ大幅に上がっています。
今後もこの傾向は続くと思います。
となると貯金では賄えないかもしれません。

また、私自身も投資信託の積立をやっていますので、ある程度の経験もあります。

もちろん投資信託は元本保証ではないのでリスクはあります。
しかし先ほど述べた通り学費にも上がるというリスクがあるのです。
これらリスクを比べると投資信託の元本割れよりも学費が上がるリスクの方が高い気がしたので、投資信託の積立に落ち着きました。

貯金はリスクが少ないと言われますが学費や物価上昇などインフレリスクがあることも考えなくてはなりません。

学資保険

学資保険も考えました。
しかし、仕組みがややこしく、運用会社によってルールが異なります。
途中解約の条件や医療保障、満期受取金、祝い金など複雑な感じがします。

なので複雑な物には手を出さない主義なので学資保険は見送ることにしました。
私的には学資保険より投資信託の積立の方が単純でシンプルだと思います。

投資信託の積立には学資保険のように医療補償はありませんが、私の住んでいる市は、中学生まで子供は医療費があまりかかりません。
この理由も学資保険を見送った理由の一つです。

以上の理由で私は投資信託の積立を選びましたが、正解は無いと思います。
人によってリスクの考え方も異なりますし、学資保険、積立預金も投資信託には無いメリットがたくさんあると思います。

子供が留学するならばニュージーランド

もし子供が留学したいというならばNZを第一候補にしたいです。
理由は資金面で有利だからです。
家賃は補修などの急な出費のために蓄えていますが、将来子供が留学する場合にも使えると考えています。

そして、本当に留学するならば物件管理も少しやらせたいと思います。

とは言ってもまだまだ大分先の話ですし親の勝手の考えですね。

そのころには子供も大人になっているので、自分のやりたいことや進路が決まっていると思います。
NZではなくアメリカに行きたいと言うかもしれません。

なので子どもの人生なので子供の意志を尊重しつつ、仮にNZへの留学が希望ならば親として応援できるかなと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました