子供の英語教育の絵本 where’s spot

久しぶりの育児ネタです。
今日は子供の英語教育についての本を紹介します。

絵本の読み聞かせで英語

子供の英語教育を考えている親は多いと思います。

英会話に通わすのも一つの案なのかもしれませんが、お金がかかかります。
それにいきなり子供を英会話に通わせた場合、嫌がる可能性もあります。
最悪、子供が英語嫌いになる可能性もあるでしょう。

ディズニーの英語の通信教育もありますが説明を聞いたところ思ったより高額というのが本音でした。
本格的な英語はある程度興味が出てきてからでも遅くは無いのかなぁと思いました。

まずは子供に英語に触れ興味を持ってもらうことが第一だと思います。
子供の英語力の向上はその次です。

そこで私が使っているのが英語の絵本です。
絵本の読み聞かせは英語、日本語問わず良い親子関係を築くきっかけにもなります。
なので、英語の絵本を読み聞かせれば、親子関係も築け、英語にも興味を持ってもらうことができると思います。

where’s spot

私のお勧めの英語の絵本はwhere’s spotです。
この本は日本では「コロちゃんはどこ?」というタイトルで馴染みがある本だと思います。

この本は英語ですが単語も簡単な物ばかりです。
どうしても英語が苦手と言う場合は日本語版も買ってみて読み比べてみても良いと思います。

しかしそんなに難しくは無いので英語が苦手でも子供に読み聞かせることは十分可能だと思います。

発音もネイティブの真似をすれば私たち親の英語の勉強にもなると思います。

そしてこの本の面白いところは、子供が触って楽しめるとこです。(飛び出す絵本みたいな感じ)

ただ、子供は好奇心旺盛なので、触って本を破ってしまうこともあるので注意が必要です。
私の家の本は、もうボロボロになってしまいました。

また、英語の絵本と言うと高額なイメージがありますが、この本は比較的リーズナブルです。
英語も学べて、親子関係も築ける一石二鳥の本だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました