育児休暇取得した感想

子育ては大変でした

育児休暇は休暇とは言うものも休暇ではありません。子育ては大変です。
まず物事が予定通り進まない。予想外のことの連発です。
子供は我儘です。

食事の準備をしていたらお漏らししたり、忙しいときに長男が何かをやらかしたり等、予想外の出来事のばかりです。
ミルクを飲ますのになかなか飲まず1時間以上かかったこともありました。
当然イライラしますし、怒鳴ってしまうこともありました。(反省)
本当に物事が思い通りに進みません。
会社の仕事も大変ですが仕事の方が段取り通り進みイライラすることは無いと思いますた。
育児は予想外の出来事に対応する臨機応変力が求められると思いました。
育児する女性は肝が据わっていますし、予想外のことが起きても慌てません。母はすごしと言いますが女性は凄いなと思いました。

育児休暇は取得して良かった

色々ありましが育児休暇は取得して良かったと思います。4ケ月でしたができれば1年取りたかったというのが本音でした。当初は次男誕生と同時に取得する予定でしたが、いろいろあり取得が遅れてしまいました。(この出来事については別途機会があれば書きたいと思います)

まず、育児休暇を取ることでサラリーマン生活を一度リセットできたことが良かったです。10年以上サラリーマンをやっていると仕事もマンネリ化してきます。
一度仕事から離れることで改めてサラリーマンの良さもわかります。
また今まで業務に追われていて気が付かなかった気づきも(こうしたら効率化できる等)あると思います。長い人生、仕事を意欲的に続けるためにも、一度仕事を離れる時間は大切だと思いました。

次に、職場内からも意外に育児休暇について肯定的な意見があったことです。
特に若い社員は肯定的な意見でした。
若い社員は内心取ってみたいと思いながらも取りにくいというのが本音だと思いました。
なので若い社員から興味津々に育児休暇について聞かれました。
事実、今の職場では私が男性の育児休暇第1号でした。
私が先例になったことで、これから子供を授かる若手社員も育児休暇を取得しやすくなったと思います。
私も、若手社員が育児休暇を取りたいと言った場合は今回の経験を生かして、応援してあげたいと思います。

育児休暇は是非取得しましょう!

国は男性の育児休暇取得を推進していますがまだまだ浸透していないというのが事実だと思います。
特に職場によってはなかなか理解を得られない場合もあると思います。
しかし、サラリーマンは雇用保険を支払っており、給付金は雇用保険からもらえます。
また育児休暇は法律で定められた権利です。なので会社側も、育児休暇の申請を無下に却下することはできないはずです。(会社の規定に制度が無いから取れないということも無いはず)
それに育児を行うことで学べることもたくさんあります。学んだことは仕事にも応用がきくと思います。

申請には勇気がいるかもしれませんが、行動を起こさなければ育児休暇は取れません。
怒られる、批判される等不安は有ると思いますが、そんなことは申請してから考えましょう。悪いことしているわけでもないですし、自信をもって申請して良いと思います。
頭で考えているだけでは何も起きません。
行動を起こさなければ現状は変わらないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました