トヨタ一律定昇見直し成果主義を拡大

タイトルは昨日の日経新聞の記事からです。

日本を代表する大企業のトヨタが一律定期昇給を見直し成果主義を加速するとのことです。
そして記事をみると、仕事で低評価を受けた場合は定期昇給がゼロになるようです。
これは年功序列の崩壊であり、トヨタがこのような成果主義を導入するならば、同業種をはじめ他の企業にも波及することは必至だと思います。

まさにサラリーマンには受難の時代が始まりそうな予感です。

成果主義の成果ってなに?

よく成果主義と言いますがそもそも成果主義の成果って何なのか未だに腑に落ちません。

記事によると実行力や人間力を評価と書かれております。
しかし、売り上げが数値で出る営業職ならまだしも、多くの会社の仕事は複雑で簡単に数値化して評価できるものではないと思います。

なので結局は上司の好き嫌いや主観、思い込みで査定、評価されてしまうのだと思います。

例えば、花形の業務を担当することができれば、上司の注目度も高いので評価は上がりやすいと思います。
仮に多少の失態を犯しても、花形の業務なのでチャレンジしたということでマイナス評価をもらうことは無いと思います。

一方、雑務や庶務の仕事は完璧にやって当たり前と思われます。
そしてこれら業務は地味で目新しいものでもないので、周りからも注目はされません。
さらに、完璧にやって当たり前なので些細なミスでも評価は下がります。
このような業務の場合、減点されることはあっても加点されることは無いのです。

雑務、庶務の仕事を効率化するという方法もありますが、従来のやり方を変えるというのは上司の反感も買いやすく、うまく変えることができれば評価は上がるかもしれませんが失敗したら評価はガタ落ちです。行動を起こすにもリスクが大きいのです。

成果主義の拡大で人間関係がギクシャク

成果主義が拡大すれば皆、好評価を得やすい仕事を担当したいと思うことでしょう。
そして、雑務や庶務と言った仕事は避け、職場内でこれら業務の押し付け合いになると思います。
仕事と言えど人間なので評価が上がりにくく、むしろミスしたら原点されるような仕事はやりたくないというのが本音だと思います。

なので人間関係もよりギクシャクしてくると思います。

雑務、庶務も重要な仕事で、このような仕事を担当する人がいるから花形の仕事も成り立っているのですが、評価されないとなると不公平感も否めないと思います。
そして不満も溜ると思います。

記事を読んで思ったこと

いろいろ成果主義について書きましたが正直な話、企業は単に人件費を減らしたいというのが本音だと思います。

そして成果を上げるには上司との相性、担当した業務等、運による要素も大きいと言っても過言でないと思います。

運よく相性の良い上司と仕事が出来たり、花形業務を担当できれば良いのですが、サラリーマンの宿命、上司も業務内容も選べません。

例え有能な人であっても、上司との相性が悪い、長所や強みを生かせない業務を担当させられた場合は残念な評価になってしまうと思います。努力でどうにもならない部分も大きいと思います。

ゲームで言えばイージーモードかハードモードかの違いくらいあると思います。

このようにサラリーマンは運にも左右される受難の時代だと思います。
今、良い境遇でも人事異動により、ハードモードになる可能性もあるのです。

なので、他の記事でも何度も書いていますが、収入も人間関係も今の勤め先だけというのは危険な考えだと思います。

今後は好き嫌い問わず、逃げ道を確保するためにも投資や、起業、転職などで社外でも通用する能力や知識がより必要になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました