在宅ワークの推進

コロナの影響で国内企業が在宅ワークを推進しています。
そんな中、私の勤め先の会社も在宅ワークを導入し始めました。

古い体質の会社なのですが、やはり世の中の流れには逆らえないと言ったところなのでしょうか。

インターネットに接続できない

私の会社も在宅ワークを導入したのは良いのですが、大きな欠陥があるのです。
それはインターネットへの接続禁止。

在宅ワークの際は、職場で使用しているパソコンを持ち帰って仕事をするのですが、そのパソコンはセキュリティー上、インターネットへの接続が禁止されているのです。

在宅ワークを導入するのは良い事なのかもしれませんがインターネットに接続できないならば他の社員とやり取りができませんし、業務の効率性も大分落ちてしまいます。
できる作業も限られてしまうので致命的な欠陥だと思います。

セキュリティー上、すぐに改善するのは難しいのかもしれませんがこの点については改善して欲しいものです。

実際にセキュリティーの問題をクリアし、在宅ワークでもインターネットを利用している会社はあると思います。
というか、今の時代インターネットは必須のツールだと思います。
なのでできないことは無いと思っています。

在宅ワークは定着するのか

世間的にはコロナが落ち着いても働き方改革の一環で、在宅ワークは定着するような意見も有りますが、私の会社については少々疑問です。

現場でやる仕事もあるのですが、古い体質の会社なの簡単には変わらないと思っています。

今でも上長の承認を取るのも紙での回覧ですし、説明資料も求められ無駄に手続きも細かいのでリモートでの対応となるとなかなか難しい気がします。
言い換えればそれだけ無駄な資料作成や手続きが多いのです。

これを機に、無駄な資料作成や手続きは無くして欲しいと思うのが本音です。

在宅ワークのデメリット

在宅ワークはメリットが多いとは思います。
世間的にも在宅ワークは大歓迎と言う風潮が先走っているようにも思えます。

しかし、ここで私が感じたデメリットをあえて挙げてみたいと思います。

光熱費が余計にかかる

この夏は暑いため、家で仕事をするにもエアコンが必要です。
なので、在宅ワークでもエアコンを使うのでその分、光熱費が余計にかかります。
金額としては大した額ではないのかもしれませんが、チリも積もれば山となるということで年間を通すと結構な額になる気がします。

仕事に集中できない

コロナの影響で子供が家にいると仕事に集中できません。
何かあれば対応しなくてはなりませんし、気にしないよう別の部屋に籠っても気になってしまうものです。
アパートや小さな家で子供と暮らしている人は在宅ワークは仕事に集中するのは難しいと思います。

勤務時間があいまい

在宅ワークにより却って勤務時間が増えたという話も耳にします。
上司の管理はありませんし、いくらでも仕事をしようと思えばできてしまいます。

一方、サボっていてもわかりません。

今後、在宅ワークに関する管理方法は改善されていくと思います。
しかし、IT技術が進み管理ではなく、AI等によるサボる人を監視システムが開発される恐れもあると思います。監視になったら嫌ですね。。。

以上ですが、コロナをきっかけに在宅ワークは日本全国に徐々に進んでいくと思います。
監視されるようなシステムになるのは嫌ですが私の会社も少しずつでも在宅ワークを推進し、改善できる点は改善して欲しいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました