労働組合の役員が酷い

私の勤め先では毎年この時期に次の一年間の労働組合の役員を決めます。
自主的に立候補する人はまずいないので推薦や無記名投票、くじ引き等で各部署から選出します。

そして私の部署はくじ引きでした。

役員を決める日は例年何日の何時に集まってと予告があるのですが、今回は業務中に「今から1時間後に集まって決める」と突然言われました。
まるで死刑囚が執行の当日にその事実を知るような気分でした。

くじを引くときは心臓が止まりそうになるくらいドキドキしました。
昨年はまさか・・・でしたが、今回は幸いハズレ引くことができました。

私

役員にハズレますように!!!

組合の役員はまるでブラック

昨年私が逃げたがために代わりに役員を引き受けてくてた人を見ていると、本当に大変そうでした。(会社の労働組合 その2

とにかく昼休みや時間外の集まりが多く、土日の活動も多いとのことでした。
もちろんこれら活動は無償です。

そして有給休暇を取得しての活動も多いようで、頻繁に休暇を取って組合活動に参加していました。
おそらく折角の有給休暇も半分以上は組合活動のために使っているのではないかと思う程です。

これに加え、会社の業務で残業が続くならば休む時間すら確保できないと思います。
実際に、代わってくれた人は優秀な人であるために、本業でも重要な仕事を任されており毎日遅くまで残業していました。
なので通常業務に組合活動のため1年間プライベートな時間どころか休む時間もほとんどなかったと思います。

そして組合活動が厄介なのは労働ではないので、労働基準法が適用されないことです。
あくまでも組合員の業務外の自主的な活動とされているため、いくら組合活動をさせようが上限が無いのです。
もちろん組合活動なので働き過ぎても組合は助けてくれません。
まさに定額働かせ放題ならぬ、無償働かせ放題!

組合の役員の仕事はブラック企業で働いているのとさほど変わらないかもしれません。

組合役員はサンドバック

さらに役員は組合本部とその他の組合員の板挟です。
組合本部からの都度、様々な要請がありそれに対応しなくてはなりません。
また組合員からの突き上げやクレームも受けなくてはならないのです。
まさに職場の不満の受け口、サンドバックのような役割です。
さらに私が苦手な会社関係の飲み会も多いようです。(参加費はもちろん自腹のようです)

私も役員ではないですが、以前の部署で組合関係のまとめ役をやったことがありました。
その時、無茶な要望をしてくる人がいたり、動員があるときは協力が得られなかった等苦労した記憶があります。
特に年配の人とかは若い人が組合活動を率先してやるべきという考えの人もいて、こちらの時間やプライバシーお構いなしに要望してくる人もいます。

まとめ役でこのような状態なので役員となればもっと突き上げは過酷だと思います。

当たれば地獄

このような苦難が待っているならば誰も役員なんかやりたくないと思います。
しかも無償で一生懸命やっても、お金にもなりませし、サンドバックにされるようなものです。
余程のドMでなければ自ら進んで引き受ける人はいないことでしょう。
最悪、組合活動のために家族生活にも影響があるかもしれません。

今回のくじ引きは当たればまさに地獄行きの切符を引くようなものだったのです。
もし、仮に当たってしまったら、給付金でもらった10万円を代わってもらう人に払い、見逃してもらうことを真剣に考えていた程です。

閻魔大王
閻魔大王

お前は一年間組合役員、無償労働の刑だ!



取りあえず、一年間また組合役員を避けることができましたが、また来年同様の事が繰り返されると思うとウンザリです。

こんな組合活動も良い事無いのでサラリーマンを卒業したいという思いさらに強まります。




コメント

タイトルとURLをコピーしました