ニュージーランドでの銀行口座開設

この前のNZ旅行は家族サービスと物件視察が主な目的でしたが、もう一つ大事な仕事がありました。
それは銀行口座の開設です。

9年前にANZという現地の銀行に家賃振込用の口座を作ったのですが、この口座、1つだけ不便な点がありました。
それはNZDのまま日本に送金できないことです。
ANZから日本に送金すると勝手に円に両替されてしまうのです。
2つ目の物件のローンはNZD建で、日本国内に支店がある銀行から借りていたので、円に両替されるのは本当に不都合でした。

そこでNZDのまま日本に送金できる銀行を探していました。

銀行口座を作るのはなかなか大変

今回、口座を新たに作ったのはASBという銀行です。
インターネットバンキングもでき、送金もNZDのままできる銀行でした。
ただ、非居住者の口座開設はなかなか面倒でした。

まず、いきなり旅行のついでに銀行に立ち寄っても口座開設はできないと思います。
前回NZに行ったときに試したのですが、現地に住所が無いとダメの一点張りで断られました。

今回は、今ローンを組んでいる銀行に相談したところ、ASBの担当者を紹介してもらうことができ、口座開設の手続きに進むことができました。

口座開設にはやはり一度、現地に行くのが必須でしたとのことでした。
そういうわけで、今回の旅行は口座開設のための絶妙な機会だったのです。

しかし、現地に行っても必要書類の不備等で口座が開けなかったなんてことになっては困ります。
そのため、事前に何が必要なのか現地の担当者と何度もメールでやり取りしました。

日本の住所を証明する書類

事前のやり取りの中で、メールで構わないので必要書類の写しを送るよう依頼がありました。その書類はパスポートと電気料金の請求書。
特に電気料金の請求書が手に入らず困惑しました。
住所を証明するためなら、水道料金の請求でも良いかと聞いたのですが、電気が良いとのことでした。
詳しく聞いてみると、電気の請求書には契約者名、契約者住所と電気の使用場所が書かれているので、住所の証明には信頼性が高いとのことでした。
しかし我が家の電気はインターネットで請求金額を確認できる契約なので請求書自体送られてきません。

そこで、電力会社のホームページを調べてみたところ、請求ではないのですが、電気の使用量証明みたいな書類を発行してもらえることが分かりました。
そこで早速発行を依頼しました。
証明には担当が求めていた内容も書かれていたのでこれで良いか確認したところ、即OKでした。

この証明、発行には1週間以上かかったと思います。
NZへの出発ぎりぎりだったら、おそらく間に合わなかったと思います。
あと電力会社の証明ですがもちろん日本語です。日本語でも大丈夫なようでした。

いざ口座開設

銀行の窓口に行く際はパスポート、電力会社の証明の原本、そして日本のマイナンバーカードを持ってくるよう指示されました。
脱税対策なのかNZの銀行では日本のマイナンバーを求められるようです。
既に持っているANZでもマイナンバーの確認が最近あったところです。

そしていざ口座開設のため銀行窓口へ。
メールでのやり取りでいろいろあったのですが、窓口での手続きはあっさり終わったというのが率直な感想でした。
英語が話せないと打ち切りとか覚悟していましたが、そんなことは有りませんでした。
担当者は台湾出身の方で、日本にも留学したことがあるらしく日本語も流暢でした。
私が英語を聴き取れなくても問題なく日本語でサポート。
本当に助かりました。
インターネットバンキングの設定もその場で終わり無事任務完了となりました。

日本帰国後、送金してみましたが問題なくNZDのまま送金できていました。
前から、NZDのまま送金できないことが、気になっていたので今回の旅行で解決して良かったと思いました。

NZで銀行口座を開設するには

前は旅行のついででも口座開設が容易にできたと思います。
9年前に開設したANZの口座はパスポートを見せるだけで簡単に開設できました。
しかし、最近はそうはいかないようです。

資産運用の為に口座開設という理由だけでは難しいでしょう。
しっかりとした目的、例えば留学する、現地で仕事する等の理由とそれらを証明できる書類が無いと開設はできないと思います。
今回の私の理由もローン返済のためNZDのまま送金したいという理由でしたが、担当によってはNGだったと思います。
そういう意味では運が良かったのかもしれません。

また、仮に口座を開設できたとしても長期間入出金がなければ凍結される恐れがあると思います。
一時、海外口座開設が流行りましたが、資産保全のために貯金するというような目的での開設は凍結のリスクがあるのであまりお勧めできません。

正当な理由と目的が無いならば無理に海外に口座を持つのは手間だけかかるような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました