NZの銀行の定期預金

得られた家賃収入は基本的に現地銀行の普通預金口座に預金していますが、一部は定期預金に回しています。
参考までに定期預金は英語でterm depositと言います。

利息は日本より高い

利息は1年定期で2.6%。
日本の銀行の金利はほぼ0なので、この数値はかなり高い値だと思います。
また、日本の銀行が高金利を謳って宣伝している外貨預金より高い値だと思います。

ちなみに日本の銀行の外貨預金はお勧めできません。
理由は外貨両替の手数料が高すぎるからです。
円⇒外貨で銀行によってはNZDの場合、5円以上取られるところもあると思います。
多くの銀行は外貨のまま引き出せませんので、また引き出す際は日本円への両替が必要となり、再び高い手数料を取られます。
FXでも1円の差益を取るのは簡単ではありません。
両替だけで5円+5円となると10円以上円安にならないと手数料で損する計算になります。10円の為替差益を取るというのは至難の業なのです。
これではいくら金利が良くても、手数料負けしてしまいます。

銀行員
銀行員

情報までに本日のMH銀行のレート 
日本円からNZDへ:78.77円、NZDから日本円へ:58.77
両替手数料だけで10円です。

NZも年々金利が下がっている

7、8年前はNZの定期預金の金利は4~5%くらいあったと思います。
しかしここ最近NZの政策金利も下降傾向なので、銀行の金利も下がり傾向です。

しかも最近はコロナショックの影響で、NZは政策金利を史上最低となる0.25%に下げました。
そのおかげで、現地銀行の1年定期の利率も2%を割る数値となっています。
それでも日本の金利より高いのですが、2%を割ると流石に利率が低くなったなと感じざるを得ません。
ただし、何もせず普通預金に置いておくよりはマシなのかなと思っています。
今後は金利はどうなるかわかりませんが、世界的に金利は低下傾向なのでNZもこの傾向はしばらく続くと予想しています。

銀行の定期預金のうまみが減った一方、NZD建てのローン金利も低くなりました。
なので、金利の低下は悪いことだけは無いのかもしれません。
私としては、ローン金利の低下の方が大歓迎です。
ならば預金せず繰り上げ返済したほうが良いのではないか?との意見もあると思いますが、コロナで先が見通せない中、無理な返済はせず、なにかあったときの為に、資金は手元に置いておいた方が良いと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました