リボ払いについて

私が使っているクレジットカードはポイントも貯まりやすく重宝しているのですが、難点が一つあります。
それがリボ払いの案内メールの多さです。

誘導がなかなか巧妙

メールの内容もなかなか巧妙です。
「10000ポイントもれなくプレゼント」みたいなタイトルでメールを開くとリボ払いの案内だったりします。

また、利用明細の確認もインターネットでできるのですが、リボ払いの申込みボタンが意外なところにあって、気をつけないと間違ってクリックしそうになります。
ワンクリックで申し込まれてしまうのかはわかりませんが注意が必要です。

本当に気をつけないと、知らぬ間にリボ払い申込みしていたなんてこともあるかと思います。
言葉巧みに誘導したり、周りの背景に申込みボタンがうまく溶け込んでいたりと本当に巧妙だと思います。

クレジットカード会社にはうまい商売

リボ払いの金利は本当に高いです。
年利15%くらいあるイメージがあります。
これは恐ろしい金利だと思います。

投資で15%稼ぐというのは至難の業です。
不動産でも利回り15%の物件なんてそうはありませんし、あったとしても訳ありだったり管理が難しいなどリスクがある物件です。
株式の配当でも利回り4%あれば優秀な部類だと思います。

なのでクレジットカード会社にしたら、さほどリスクを取らず15%取れるのでうまい商売なのだと思います。

しかもリボ払いの厄介なところは毎月返済額が一定と言うことです。
この一定額の中には金利分も含まれています。
なのでたくさんお金を借りれば毎月の返済の大部分は金利になってしまい、元金が減らなくなってしまうのです。

気づいた時には借金が当初借りた額の倍以上になっていたなんて話も聞きます。

これでは、通常定価で買えるものを金利の分だけ割高な買い物をしているようなものです。

クレジットカードの申込み時も要注意

カード会社によっては申込みのサイトで最初からリボ払いの項目にチェックがついている場合があります。
この場合は要注意です。
なので新規にクレジットカードを作るときは、リボ払いの項目のチェックの有無は必須です。

ここまでくると巧妙と言うより悪質だと思います。
金融庁もリボ払いについては少し規制しても良いと思います。

あの手この手で誘導するリボ払いはクレジットカード会社にとっては優良資産なのだと思います。

リボ払いは絶対ダメ。

クレジットカード会社にとってはリボ払い残高は資産ですが、我々利用者にとっては最悪の負債だと思います。
最初は少額でも、知らぬ間に負債が増え人生を狂わす悪魔のカードだと思います。
麻薬みたいなものなのでしょうか。
まさに破産への片道切符のようなものです。

なのでどんなことがあってもリボ払いには手を出さないことが無難だと思います。
リボ払いに手を出すくらいならば貯金を切り崩す、最悪買うのを我慢するくらいの覚悟をした方が良いと思います。

また、貯金を増やしたい、資産を築きたい人がリボ払いに手を出したら、資産どころか借金が増えてしまいます。リボ払いは資産形成に百害あって一利なしです。

クレジットカードとはうまく付き合いましょう

国もキャッシュレス化を推進しており、クレジットカードを使えばポイント還元があるなどメリットもあるのです。

なのでこれからは一人1枚はクレジットカードを持つ時代だと思います。

しかし、クレジットカードの使い方には注意が必要です。
カードがあれば何でも買えるように錯覚してしまいますが、打ち出の小づちではありません。後々自分で返さないといけない借金なのです。

便利な面もありますが、借金をしているという意識は常に持ち上手に付き合う必要があると思います。くれぐれもリボ払いの利用はNGです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました