新入社員へ贈る言葉

以前書いた「就職活動をする学生へ」と共通する部分があると思いますが、新入社員について書いてみたいと思います。

私の勤め先の会社は新入社員研修が6月まであり、7月から新入社員は各部署へ配属されます。
幸か不幸か今年は私の部署に新入社員は来ませんでしたので、新入社員と接する機会はあまりなさそうです。
仮に接する機会があったとしても、ぽんこつでは仕事についてはまともにアドバイスできることはありません。そもそも最近の新入社員は頭が良いので私のように浮いている人には話しかけてこないでしょう。

それでも、仕事でやむなく接するする機会がある、飲み会から逃げられなかった等で接する機会があるならばこう言うと思います。

頑張るな。無理する必要はない。

新入社員の中には早く仕事を覚えよう、早く一人前になろうと最初から頑張りすぎる人もいると思います。いい心がけなのかもしれませんが、私は勧めません。
私の勤め先である電力会社に入社するような人は長く勤めるつもりで入社してきていると思います。なので当面は長いサラリーマン生活が続くことになります。

そんな中、最初から意気込んで飛ばせばすぐに疲れてしまいます。
マラソンと同じようなものです。
42キロあるのに最初から全力で走ればすぐにバテテしまいます。

仕事は毎日普通にやっていてば嫌でも覚えます。
無理して、焦って早く覚える必要はないのです。
当面続くサラリーマン生活に耐えるためにも、最初は無理せずゆっくり行きましょう。

お金を貯めましょう。

社会人になれば10万円を超える給料が毎月もらえます。
おそらく学生の時、バイトをしても10万円を超える収入をもらう人はそうは多くは無いと思います。
なのでいきなり10万円を超える収入が入ると金持ちになった気分になるかもしれません。
そして今まで行けなかったキャバクラに行ったり、毎日居酒屋で飲み歩いたりなど散財する人も多いと思います。
一時的には、そのような経験をするのも社会勉強として良いと思います。
しかし、のめり込んではお金は貯まりません。
将来の為にも、貯金は重要なので貯金の習慣を付けお金を貯めましょう。

特に起業して独立する、投資して数年でリタイヤする等の意気込みのある人は自己資金が必要になります。
起業するにしても最低300万円は必要でしょうし、投資するにしてもそれなりの自己資金が必要です。
また、しばらく勤めるにしても結婚、出産と各種イベントにはお金がかかります。
なのでお金を貯める習慣をつけ自己資金を蓄えましょう。

社外の友人、つながりを大切に

社会人になると、今までの学生時代に仲良かった人とも疎遠になっていきます。
学生の時は毎日会っていたのに、1年に1回会うか会わないかの関係になることも珍しくありません。
その代わり、付き合いが増えるのは社内の人達です。
社内の人と仲良くするのも悪くはないと思いますが、社内の人だけと付き合うのはいかがなものかと思います。

それはなぜかというと・・・
サラリーマン生活はうまくいくことばかりではありません。
時には仕事がうまくいかないこともあるのです。
ただ単にうまくいかないだけならばまだ良いのかもしれませんが、不運にも担当した仕事が難しすぎて二進も三進もいかず、周りに迷惑をかける。
その結果、社内で四面楚歌状態になることもあり得ます。
周りからこっぴどく怒られるだけならまだマシなのかもしれませんが、同じ部署だけではなく他部署の人からも総スカンや無視され居場所がなくなることもあり得ます。

そんな時、助けになるのが社外の友人、つながりです。
会社内に居場所が無くてもそのようなつながりがあれば救われます。
鬱になったり最悪自殺に追い込まれるのは居場所が会社にしかなく逃げ場が無いからだと思います。そうならないためにも社外への逃げ道は必要なのです。

ぽんこつ
ぽんこつ

学生時代の友人も忙しくてなかなか付き合ってくれない。

そんな場合は何か趣味を見つけ社外の人と出会えるスポーツクラブに入る、習い事を始めるのも良いと思います。社会人こそ趣味は大事だと思います。

会社に入ると会社の人しか見えなくなりますが、意識して社外のつながりを大切にしましょう。それが何かあったときの救いになります。

以上、ざっくりですがぽんこつサラリーマンのアドバイスでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました