ブルーマンデー

サラリーマンをやっていると日曜の夜は憂鬱という人が多いと思います。
そして、月曜日の朝は起きるのがきついという人も多いと思います。

ブルーマンデーはサラリーマンの宿命と言ったところでしょうか。
そんなブルーマンデーの乗り切り方ですがぽんこつサラリーマンなりの気持ちの持ちようを書いてみたいと思います。

週明け早々頑張らない

月曜日は頑張らないことです。
週の始まりなので、無理に気持ちを高めようとする人もいるかもしれませんが、無理は禁物です。
これから一週間が始まるのでスロースタートで行きましょう。
午前中はゆっくり、一週間のスケジュールを考えるくらいがいいかもしれません。

そして残業は極力避けることです。
残業をすれば疲れが残りますし、週明け早々残業となると一週間集中力も続きません。
月曜日の残業は良い事無し。
週が始まったばかりなので、次の日にできることは次の日に持ち越し早く家に帰りましょう。

退社後の事を考える

月曜日は出社も気が重いのですが、そんな場合は退社後の事を考えましょう。
できれば退社後に好きなことをする時間を作ることです。
運動をする、おいしいものを食べる、マッサージに行く等でも良いと思います。
なにかご褒美があれば、多少は月曜日の出社も気が落ち着くと思います。

または早く帰って寝るというのもアリだと思います。
寝るというのは楽しいことでは無いかもしれませんが睡眠をしっかりとれば疲れも取れますし、気持ちも落ち着きます。しっかり寝て英気を養いましょう。

火曜日に年休を入れる

月曜日に出社したくないけどこの日は大事な仕事があるから出社せざるを得ない。
このような事もサラリーマンならば経験したことがある人は多いと思います。
大事な仕事が無いならば月曜の朝一番に有給を申請しズル休みするという手もあるのですが、そうはいかない場合は火曜日に有給を入れます。

そうすることで、一日出社すれば次の日休みにとなるので気持ちが楽になると思います。
流石に火曜日はやりすぎと思うならば水曜日有給休暇でも良いと思います。
水曜日ならばちょうど週の真ん中が休みになるのでバランスが良いかもしれません。

出社したらなんとかなる

いろいろブルーマンデー対策について書きましたが、出社さえすれば意外に何とかなると思います。
おそらく家を出るまでが一番億劫なのだと思います。
私の今までの経験からも出社さえしてしまえば何とかなってしまいました。

ただ本当にきついときはメンタルをやられないためにも休んだ方が良いと思います。
きついと思うのは体が疲れている証拠です。休みも時と場合によっては大事なのです。

今週も今日から始まっていますが、幸い週の後半は連休が待っています。
無理せず疲れない程度に一週間乗り切りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました