早期退職するにはリスクを取る必要がある

会社を早期退職するには、大半の方は給与以外の稼ぎが必要になると思います。

親から莫大な資産を相続したとか、完全自給自足するという人もいるかもしれませんが稀な例だと思います。

そして以前の記事でセミリタイヤには月50万円の収入が必要ではないかと書きました。
また、月50万円を得るには1億円以上の資本が必要ではないかと書きました。
参考:育児休暇でわかった事 セミリタイヤに必要な月収
参考:給料以外ですぐに月50万得るには

積立は堅いが時間がかかり過ぎ

早期退職には1億円貯め月50万の収入を得られる仕組みを作る必要があると考えています。
1億円を早期に貯めるとなると簡単ではありません。
毎月給料から貯金しても年間200万円がせいぜいだと思います。
200万貯金しても1億貯めるには50年かかります。

また利回りが高い投資信託積立でもそれなりの時間がかかるでしょう。
(毎月10万円積立、利回り6%で30年続けてやっと1億円です)
参考:金融庁の資産運用シミュレーション

これでは早期退職とは程遠いと言わざるをえません。
ちまちま貯めていても資本を築くには時間がかかりすぎるのです。

リスクを取らなければ資本は増えない

やはり早期退職を目指すならば資本を増やすためにリスクを取る必要があると思います。
例えばキャッピタルゲインを狙った株式投資や不動産投資、フルローンを使ったキャッシュフロー目的の大規模不動産投資、独立起業です。

早期退職している人はこのようにそれなりのリスクを取った人が多いと思います。
これが短期間で資本を作る難しさだと思います。
当然、それなりのリスクを取るので損失をだす可能性もあります。

NZの不動産の事例

NZの不動産はまだ運用中であり売却していないので今後どうなるかわかりませんが、物件1号については2倍以上値上がっています。
おかげで資産も数千万単位で増えました。

当初は、移住や海外に関することをやりたいという目的もあったので値上がりは考えていませんでした。
しかし、今思うと完全にキャピタルゲインを狙った投資になっていると思います。

ただ、これでもまだ日本円換算で1億には達しません。
投資に「もしも」はありませんが、9年前にNZに4~5件の物件を購入していたら、今頃退職できたと思います。

また、今でも結婚せず独り身だったならば、退職していたかもしれません。
おそらく退職金で物件1号のローンは完済できるので、独り身ならば物件1号の家賃と気が向いた時にする労働で生活が賄える気がします。

リスクを取った投資は若いうちに

現状、家族がいるので大きなリスクは取りにくいのが本音です。
しかし、リスクを取らなければ資本は増えません。

もし、独身の身ならばフルローンを使った不動産投資を考えていたと思います。

そんな中、あえて今リスクを取るならばキャピタルゲインを狙った成長株投資か、NZに似た国への不動産投資になると思います。具体的には以前のブログに書いた通りオーストラリアあたりが狙い目だと思っています。
いずれにしろ結婚して子供ができると大きなリスクは取りにくくなるものです。

やはり、リスクを取った投資は結婚する前の若いときにやるべきだと思います。
家族もいませんし、若いので多少の損失ならば十分取り返せるからです。
事実、私も結婚前に数百万失ったこともあります。
その経験があったからNZの不動産投資に踏み切れたのもあると思います。

なので、投資を始めるのは若ければ若い程良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました