育児休暇でわかった事 セミリタイヤに必要な月収

サラリーマンの定年は60歳。これから定年が65歳になるとか70歳になると言われています。
そんな中、めざしたいのがセミリタイヤ。
具体的に言えばサラリーマン卒業です。

サラリーマン投資家や資産運用に長けている人は目指している方が多いと思います。
私の場合、職場内で先が見えてしまったということもありますが、今思えばセミリタイヤにあこがれ投資を始めたところもあります。

そんな中、ざっくりですが今回育児休暇を取得してリタイヤには月いくらの収入が必要か考えてみました。

毎月の生活費

毎月の生活費をざっくり上げてみるとこんな感じです。
夫婦+子供2人
住居費:9万円
光熱費:2万円
食費:5万円
ガソリン代:1万2千円
生活用品費:2万円
その他(交際費、医療等):3万円
育児関係:1万5千円
合計:21.7万円

これ以外に地方都市なので車が必要で車検やら自動車税があります。
また、家電が壊れたとか、冠婚葬祭の出費があります。
さらに、旅行や帰省等もします。
なのでこれら出費に備え毎月3万円くらいは貯めておきたいものです。

また、今後子供が大きくなれば学費もかかります。
私たち夫婦の老後のことも考えなくてはなりません。
そうなると最低5万円は貯金、資産運用等の資金としたいものです。

以上より最低30万円は必要かと考えます。

最低では最低限の生活しかできない

しかし、月30万円では最低限の生活しかできないと思います。
この金額、育児休暇給付金の額とほぼ同額でした。
事実、育児休暇中にも予想外の出来事があり、貯金に回すことがあまりできませんでした。
貯金が出来ないだけならまだしも、場合によっては貯金の切り崩しも発生します。

生活にすぐに困らないにしても貯金の切り崩しというのは精神的に良いものではありません。例えこの切り崩しが一時的なものであってもです。

おそらくこの月収でも生活はできると思いますが、私の性格として貯金が出来ない月は相当ストレスを感じると思います。

余裕がある生活を送るには

私の場合、セミリタイヤにはあと10万円、欲を言えば20万円あれば良いと思っています。
10万円プラスで月収40万円、20万円̟プラスで50万円です。
セミリタイヤとなると社会保険料とか所得税を自分で払うことになると思うので、現状と遜色ない生活を送るには50万円が現実な月収のラインなのかもしれません。

ただ、人間は欲が出るもの。
おそらく私もリタイヤしたらもっと旅行に行きたいとか美味しいものを食べたいか思うでしょう。そうなるとこのラインも上がると思います。

月50万円稼ぐには

株や不動産、アフィリエイト等、稼ぎ方はいろいろあると思いますが、この額を毎月稼ぐのはなかなか難しそうです。
特に安定的に稼ぐとなるとハードルがかなり上がると思います。
一億円を年利5%で回しても月約40万円強。(500万円)
50万円には及びません。
結論としては不可能では無いと思いますが、それなりの時間と資金をそろえる覚悟が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました