海外銀行口座開設の意義

資産運用としての海外銀行口座について書いてみたいと思います。
一時期は香港での口座開設が流行り、ツアーまでありました。
しかし、現状では香港も含め、無理して海外に口座を作る意義はあまり無いと思います。

海外に口座を作っても良いケース

留学や海外への転勤、移住、そして現地で不動産投資をする場合は海外に口座を作っても良いと思います。

留学や海外転勤、移住の場合は生活の場が海外となります。
その際、現地に口座が無いと様々なところで支障が出ると思います。

公共料金の支払い、給料の振込等、現地の口座は生活に欠かせません。

不動産投資の場合は家賃の振込で必要になります。
毎月の家賃を日本へ送金していては送金手数料がかかりますし、何よりも手間になるので現地の管理会社が嫌がると思います。

また、莫大な資産が人は海外の口座で運用するのもアリだと思います。
銀行によっては資産の額次第では担当者が付くかもしれません。

一方、資産運用目的だけで普通の人が海外口座を作るメリットはさほどないと思います。

海外銀行口座のデメリット

海外に口座を持つといろいろと手間がかかります。
そこで思いつくデメリットをいくつかあげてみます。

口座維持料がかかる場合がある

海外の銀行には口座を持っているだけで維持費がかかる場合があります。
維持費を免除するには1万ドル以上の預金残高があるなど条件を設定している銀行もあります。
銀行によってその条件や手数料は異なりますが注意は必要です。

使用しないと凍結される

口座を長期間使用しないと凍結される場合があります。
どれくらいの期間使用しないと凍結されるのかは不明な部分が多くこの点も厄介です。
無理して口座を作った人の中には凍結されないように、定期的に日本へ一部資金を送金している人もいるようです。
口座を凍結されてしまったら、現地に赴かなくてはいけない等、手続きも面倒だと思います。

金利も以前程良くない

海外に口座を開設する目的は金利が魅力的だからだと思います。
しかし、最近はどこの国も金利が下降傾向です。
特に先進国に至っては1%を割っている国がほとんどです。
なので、預金金利を目的に海外に口座を開設する意義は少なくなってきていると思います。

マイナンバーを求められる

最近から海外の口座でも日本のマイナンバーを求められるようになっています。
私のNZの口座も求められました。
なので、海外口座を開設することで税金対策することは不可能だと思います。
そもそも、税金逃れでの資産運用は別の意味でリスクが高いと思います。

以上、海外の銀行口座は持っているだけでも手間がかかります。
そして、今では口座を開設しても金利、税制でもメリットはほとんどないと思います。
なので、実際に使う目的が無いならば無理に開設しない方が良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました