自粛モードの時こそ自己啓発

コロナのおかげで自粛モードが続いています。
外にも遊びに行きにくいですし、仲のいい友人と飲みに行くこともできません。
また、旅行も行きにく雰囲気ですし、夏祭りや各種イベントも中止続きです。

アフター5は自己啓発に

会社の方もコロナの影響で在宅ワークを導入を進めており、私も1日おきに会社に出勤しています。なので在宅ワークの日は通勤時間を自分のプライベートの時間に回すことができるのです。

また、出勤する日もコロナ感染防止の為、会社としては極力職場に長く居て欲しくないようです。
そのため残業せず定時に帰りやすい雰囲気になってきております。
当然、このような状態なので職場の煩わしい飲み会も有りません。

まさに遊びも仕事も自粛状態なのです。

自粛と言うと我慢しなければならない!という感じがしますが、言い換えれば自由な時間が増えたのです。

なので私的には自己啓発のための時間が増えたと思っています。
普段、忙しくて集中してできないことを勉強する良い機会だと思います。

まずは簿記と語学

先日の記事でも書きましたが、まずは以前から勉強したいと思いつつ先送りにしていた簿記の勉強を進めて行こうと思います。
時間はかかるかもしれませんがしっかり腰を据えて、簿記3級くらいの知識は身に着けたいと思います。

簿記3級についてはあのホリエモンも勉強すべき科目であると推薦しているようです。
投資にも起業にも通じる知識だと思うので将来のためにも自己投資だと思い、しっかり勉強しておきたいと思います。

そして、最近から始めた簿記の勉強ですがやっと仕分けと言うものがどういうものなのかわかってきました。
まだテキストの10分の1も進んでいませんが、毎日コツコツ続けて行きたいと思います。

簿記3級の試験は11月に有るようですが受験はまだ決めていません。このまま勉強を進めてみて、行けそうならば挑戦してみようと思います。

次に語学。
TOEICを受験しようと思っていましたが最近より抽選になってしまいました。
しかもその倍率は4倍以上あったようです。(意外に高倍率!)
申し込んだ人4人中1人しか受験できない計算になります。

先月までは勉強するぞ!と意気込んでいましたが・・・
受験できるかが分からないので勉強のモチベーションが上がらないというのが本音です。
ここは簿記に専念すべきなのかもしれません。

ダメリーマンこそ勉強が必要

今の時期はダメリーマンにはチャンスだと思います。
ダメリーマンは会社内で花形業務や取引先を関わるよう業務が回ってくる機会はほとんどありません。
もちろん社外の見識が得られる出張の機会もありません。

ダメリーマンはバックオフィス的な業務しか担当させてもらえず、その業務を通して得られる技術、知識も社内でしか使えないものばかりです。

なので、今の時期は自ら学び社外でも使えそうな技術、知識を身に着ける大チャンスだと思います。

また何を勉強して良いかわからない場合は、自分自身の得手不得手、好きなこと、嫌いなことについてじっくり考える良い機会でもあると思います。
そしてその中から自分の勉強すべことを探し出すのです。

リストラが始まる場合、通常はダメリーマンから切られると思います。
しかし、社内スキルだけで社外で通用するものが無ければ転職もままならないと思います。リストラを機に起業するにしても、起業には会社員とは違うスキル、そして資金が必要です。

このようにダメリーマンはリストラ候補の筆頭になる可能性が大なので、勉強してその時のために備える必要があると思います。
まさに今は自分を守るためにも学ぶ時期だと思います。
ダメリーマンだからこそ勉強が必要なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました