投資も自粛モード

コロナの影響で仕事も遊びも自粛モードですが投資も自粛モードです。

今後の相場と方針」でも書きましたがしばらく傍観するつもりです。

積極的に買う時期ではない

特に個別株については積極的に買う時期ではないと思っています。

安倍政権は今まで市場には優しい政権でしたが新たな政権はどうなるかわかりません。
それに異常な株高。
アメリカの株式も日本の株式もコロナで下がるどころか、元の水準以上に戻っています。

話によると各国の政府がお金を刷りすぎ、そのお金の行き場が無いため仕方なく株式に向かっているとのことです。
あまり難しい経済の話は分かりませんが、現在の相場は少し異常な気がします。

コロナとは別の問題で○○ショックが来る気がします。

なので株式で続けるのは毎月決まった額を購入する積立投資だけにします。

休むのも相場

以前お会いしたことのある大投資家に言われた言葉です。
個人投資家の強みは休めることです。

プロの投資家は下がり調子でも稼がなくてはいけませんが個人投資家はその必要はありません。
大荒れの時は手を出さず休む。これは当たり前のようですがとても重要なようです。

また、もう一つ言われた言葉に不安な時はポジションを落とす。
これはすでに買った銘柄がある場合ですが、不安を感じるならば早めに撤退したほうが良いとのことです。

2割の損切りと5割の損切りではリカバーの難易度が大分違います。
5割損失を出した場合、取り返すのには2倍にしなくてはならないのです。
なので、不安を感じるならば傷か小さいうちにポジションを落とせ、と言う意味だと解釈しています。

しばらくは守りの時期になりそうなので、心に留めておきたい言葉だと思っています。

当面はインプットの時期

このような先行き不透明な時期なので投資についても勉強の時期だと思っています。
気になる本を片っ端から読み漁るのも良いかもしれません。

勉強したことは将来絶対に役に立つと思うのでたくさん本も読みたいと思います。

あとNZの不動産ですが、貯めた家賃は補修などの必要経費以外では一切手を付けず、滞納があっても2年くらいは持ちこたえられるよう資金を確保しておきたいものです。
NZの方も当面は守り一辺倒になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました