マイホームを買うならば

マイホームか賃貸か?
よく論議になるテーマだと思います。

私もいろいろ悩んだ末、マイホームを買ってしまいましたが、自分なりの条件を付けて買いました。
その条件について書いてみたいと思います。

買うなら中古

新築には興味がありませんでした。
何故なら、新築には新築プレミアムというのがついていて、購入後すぐに価値が下がるからです。
要するに、建築業者の広告費などを負担させられているようなものです。

中古の住宅ならばそのようなものは有りませんし、そんなに築古でなければ普通に生活できると思います。
事実、私が購入したマイホームは中古です。

マンションではなく土地付き戸建

マンションか戸建かはかなり悩みました。
しかし長い目で見ると戸建に分があると思いました。
まずマンションは固定資産税に加え、修繕積立金や管理費が毎月取られます。
マンションによっては、3、4万円以上のところもあるでしょう。これでは半分家賃を払っているようなものです。

また、マンションは古くなれば修繕や改修が必要になりますが、自分の勝手な判断ではできず、居住者の何割以上の同意が必要等の制約があります。
修繕やリスク管理に対し、自由にコントロールがやりにくいのも難点です。

そして、やはり土地があってないようなものなので、価値が下がりやすい。
余程の好立地でなければ、築が古くなればなるほど価値が下がると思います。
そういう意味では戸建ての場合は土地がありますし、マンションより価値が下がるリスクは無いと思います。

売却時に借金が残らない

日本の不動産の大半は価値が下がることになっています。
余程の立地でなければ買値より高く売るというのは難しいと思います。

しかし、価値が下がるにしてもできるだけ下落のスピードが遅いところを選ぶようにしました。
具体的には、駅に近い、主要道路に近い、近くに大きな商業施設がある等、人口がしばらく増え続けそうな地域です。

このような地域ならば、実需が期待できるので価値の低下は比較的ゆっくりだと思います。

人生何があるかわかりません。やむを得ず引っ越すこともあるでしょうし、子供が巣立てばもう少し小さな家が良いと思うかもしれません。
場合によっては会社を辞めることもあるかもしれません。
様々なリスクを想定し、売らざるを得ない事態が発生することも考えておかなくてはなりません。

そんなときの為にも、売ったは良いが、ローンがすべて返せなかったという事態は避ける必要があると思います。
マイホームを手放してもローンが残れば最悪です。自己破産の恐れもあるのです。

また住宅ローンですが私は元利均等ではなく元金均等で返済しています。
元金均等にしておけば、出口でローンが残る確率も低くなると思います。

以上ですが、このような条件でマイホームを購入しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました