確定申告の準備

税金

最近は残業続きで本業のサラリーマンが大忙しです。

おかげでブログ更新の時間がありません。

もともと残業は好きではありませんが、コロナで仕事が減って困っている人が多い中、通常業務+残業があるのはある意味ありがたいことなのかもしれません。

そして、この時間のない中、何とか確定申告の準備を一通り終わらせました。

後は源泉徴収票を会社から発行してもらうだけです。

要した時間は2日

所有物件はたったの2戸ですが、収支の整理、計算、取りまとめ、資料の確認などなどでまるまる2日かかりました。

週末返上でやった感じです。

作業の中で特にめんどくさいのは為替の計算です。

家賃収入や現地でかかった経費はNZDなので収支のあった日付の為替レートで円換算しなくてはなりません。

エクセルを使うので計算は自動ですが日ごとの為替レートをチェックしエクセルシートへ入力する手間がかかります。

海外の物件ではなく、日本の戸建て2戸ならば為替換算がないので1日で終わったと思います。

申告は青色申告会

私の場合、税理士にお願いしていないので自分で計算し、毎年青色申告会で確定申告を行っています。

青色申告会のいいところは予約ができるところです。

そしてまとめた資料を青色申告会へ事前送付することで手続きがスムーズにでき時間の短縮になります。

これが一般の申告会場となると予約ができないため朝早くから会場に行き並ばなくてはまりません。

朝早くから並ぶのは疲れますし、いつ自分の番が回ってくるかも混雑具合で変わるので、時間がかかります。

しかもコロナ感染も増えている最中なので不特定多数の人が集まる会場は感染リスクも高まります。

なので年会費がかかりますが、申告会への入会は払った分のメリットは十分あると思います。

会費も年間12,000円。月1,000円の計算です。

しかも税金でわからないことがあるときや困ったときに相談することもできるのが心強いです。

税理士を探したい

青色申告会の利用はコスパは悪くないと思いますが、今年の目標に書いた通り税理士を探したいというのが本音です。

理由はやはり準備が面倒なことと、青色申告会では相談できることが限られているからです。

特に海外のこととなると、申告会では詳しい人がほとんどおりません。

やはり英語に強く海外のことに詳しい税理士を探してお願いしたい思いです。

費用は青色申告会よりかかると思いますが、面倒な作業が減り、税金に詳しい人のサポートが受けられえるならば検討の価値は大いにあると思います。

とりあえず、確定申告の準備が一通り終わってほっとしているところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました